中性脂肪を下げるための効果的な運動、気をつけること

中性脂肪を下げるための効果的な運動、気をつけること

中性脂肪が高くなる原因というと、やはり食べ過ぎによるカロリーオーバーというイメージがありますね。

 

 

確かに食べ過ぎて余ったエネルギーは中性脂肪に変えられてしまうため、食事のカロリーにも気を付ける必要があります。
ただ、そんなに食べていないのに中性脂肪が高い…という場合は、運動不足が原因になっている場合があります。
この記事では、中性脂肪を下げるための効果的な運動についてご紹介します。

 

基本は有酸素運動

 

中性脂肪を下げるのに効果的な運動の基本は有酸素運動です。
というのは、有酸素運動は体内の脂肪をエネルギーとして消費してくれるから。

 

 

有酸素運動にもウォーキングやジョギング、サイクリング、スイミング、エアロビクスなどなど様々なものがありますね。

 

 

やはり継続して行うことが何よりも大事ですから、自分の好きなもの・楽しめるものを選ぶと言うのが最も大事ですが、体に負担が少なくて無理なく継続しやすいのはやはりウォーキングです。
また、「わざわざ運動するのは腰が重い」という人でも、例えば一駅前で下りて歩く、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使う、普段はバスや車などで行っている場所に歩いていく、など普段の生活の中で工夫して意識的に体を動かすということが大事ですね。

 

運動の頻度はどれくらい?

 

中性脂肪を下げるための運動の頻度としては、理想的には20分程度でもいいので毎日行うことです。
もちろん仕事などで忙しくてどうしても時間が取れない…という人もいるでしょう。その場合、最低でも週に3回、かつ1回に30分以上は行いたいものです。

 

 

運動する際に気を付けること

 

 

運動をする際に気をつけるのは、「あまりにハードな運動はしない」ということです。
特にそれまで運動の習慣がなかった人が急に激しい運動をすると体調を崩す場合もありますし、ケガのもとにもなってしまいます。
また、少しでも体調が優れないと感じたら運動はせずに休んだり、症状によっては医者にかかるようにしましょう。