ダイエットとはカロリーを制すること

ダイエットとはカロリーを制すること

私は30歳のサラリーマン男性です。2年ほど前に10キロほど絞ったダイエットの体験を踏まえてダイエットについて語りたいと思います。私が思うにダイエットとは、カロリーを制することだと思っています。

 

まず第一に痩せることです。痩せる為の方法はいくらでもあります。しかし、無理して食事を取らなかったり激しすぎる運動を始めたりすると、つらすぎて長続きしないのが目に見えています。まずは続けられる方法で痩せる方法を探します。

 

私の場合は、カロリー制限です。今では便利なことにスマートフォンのアプリでカロリー計算できるものもあります。自分の年齢、体型から計算した1日の必要カロリーを上回らなければ太ることは無いのです。まずは、自分の適正な食事量を知ることが大切です。

 

かなりの確率で普段の食事が食べ過ぎてる場合が多いです。量を食べてもカロリーが低くなる組み合わせをすれば空腹にもならず健康的に食事制限ができます。既製品の場合は、カロリーが表示されていますし、アプリを利用すれば、食事メニューからおおよそのカロリーも求めることができるものもあります。

 

次に、痩せやすい体を作ることです。簡単に言えば筋トレをするということです。筋肉量が多ければ多いほど、1日あたりの消費カロリーが多くなります。筋肉がつけば、たるんだ身体も引き締まり見栄えも良くなりますので一石二鳥です。体重こそは筋肉がつくと落ち辛い場合もありますが、結局体が重くでも見た目さえ引き締まっていれば満足という人がほとんどだと思います。それではどのようにトレーニングしたら効果的かという話に入りたいと思います。基本的には、痩せたい部分を集中的に鍛えるのが一般的です。

 

お腹がたるんでいれば腹筋をやればいいし、下半身が気になるようならスクワットをやればいいです。ただ、回数を重ねてやった気になるのが一番ダメなパターンです。鍛えることから、いつの間にか回数をこなす事に目的が変わりがちです。痩せたい部分の筋肉をイメージしながらゆっくり動かすのが基本的な動きになります。

 

回数は10回もやればいいです。疲れたからといってスピードを上げるのは厳禁です。そして、長い目で見て太りにくい身体を作る為には、筋肉して筋肉質になることが一番です。そして筋肉の中でも体積の大きな部分を鍛えることで消費されるカロリーも増えるはずです。私がお勧めする筋トレすべき部位は、背筋、腹筋、ふくらはぎです。筋肉自体の大きさが大きな部位なので鍛えることで消費カロリーの増大が可能になるはずです。

 

このようにダイエットとはカロリーを制することであり、自分のカロリーに合う食事の感覚を養うことと身体の気になるとこをトレーニングすることで消費カロリーのパイを広げることができます。カロリーさえ味方につければダイエットなんて容易いものです。