ウォーキングをするだけで便秘とさよならできる

ウォーキングをするだけで便秘とさよならできる

便秘で悩まされる人は、運動不足の人が多いと言われています。
便秘を解消するためには、腸を温め、活発に腸を動かす事が重要だと言われています。

 

でも、運動不足の人が運動を始めるのは、なかなか腰が重いですよね。
そこで、そんな人にウォーキングをおすすめします。

 

ウォーキングで筋力アップ

 

ウォーキングは、初心者向けの運動です。
高齢のお年寄りにもおすすめの運動だと言えます。

 

とは言え、しっかりと注意しながら行う事で、運動効果は高くなります。
便秘の原因の1つに、筋力の低下が上げられます。

 

便を出す時には、便を排出するために押し上げる筋肉が必要になります。
しかし、加齢や運動不足などでその筋力がなくなってしまうと、
便秘になってしまう事があるのです。

 

ウォーキングを行う事で、その筋力をアップさせる事が出来ます。
特に歩く動作は自然と下腹部を鍛える事ができるようになっています。
便秘解消の為には、特に下腹部の筋肉が大切です。

 

ウォーキングは、便秘解消の為の筋肉アップには最適なのです。

 

ウォーキングで腸の温め

 

また、ウォーキングは腸を温める効果があります。
足を上げ下げする動きは、血流を良くするので、腸を温める事が出来ます。

 

腸の冷えは、腸の動きを悪くするので便秘の原因となります。

 

腸を温めて上げる事で、腸の動きも活発になる、便も温まるので、便を排出しやすくなるのです。

 

更に、リラックス効果も…

 

そして、もう1つ、ウォーキングには便秘解消の為のメリットがあります。
それは、リラックス出来ると言う事です。

 

便秘は、自律神経の働きが大きく影響しています。
自律神経が乱れてしまうと、便秘になってしまう人も多いようです。
なぜなら、自律神経が腸の動きに指令を出しているからです。

 

腸の動きには副交感神経という自律神経が働いています。

 

副交感神経はリラックスしている時や心が落ち着いている時に働きます。

 

緊張やストレスが多い場合、自律神経が乱れてしまうので、
副交感神経が働かなくなってしまいます。

 

すると、腸の動きも悪くなってしまうのです。

 

そこで、ウォーキングをする事で、ストレス発散できたりリラックス効果があらわれます。
これは、実験でも証明されています。

 

ウォーキングでのリラックスが便秘に解消に効果的に働くのです。

 

このように、ウォーキングには便秘解消するために良い事がたくさんあります。

 

なかなか、普段、運動が出来ない人でも、会社帰りや買い物ついでにウォーキングならする事が出来ます。
ウォーキングの効果は毎日の積み重ねなので、ちょっとずつでも始めてみると良いかもしれません。

 

いつのまにか、便秘とさよならしているかもしれません。